藤井聡太棋士のタイトル獲得はいつ?8大タイトルの日程と仕組みは?

藤井聡太棋士は、プロ棋士になった最初からこれまでの28連勝という連勝記録を抜き、

29連勝を達成するという偉業を成し遂げるなど活躍をしています。

連勝記録は29で止まってしまいましたが、最年少でプロ棋士になったとしても、

プロ棋士になってすぐに樹立したこの記録にはすごみがあります。

今後はいつタイトルを取るのか?

その点が注目されますが、そこでここではタイトル保持者との決戦の時期を、

また将棋界の8大タイトルの仕組みを、それぞれ図解でご紹介していきます。

スポンサードリンク

藤井聡太棋士のタイトル獲得はいつ?タイトル戦の日程まとめ

藤井聡太棋士は、中学生でのタイトル獲得はできないことになりましたが、

将棋では8大タイトルがあり、

予選から勝ち上がっていくことで、これらのタイトルを取ることが期待されます。

タイトル保持者との対戦では、七番勝負や五番勝負が行われますが、

それぞれのタイトル戦の日程をまとめると、以下のようになります。

藤井聡太棋士は、いつ、どのタイトルを手にするのでしょうか?

図解で説明!名人戦の仕組みと七番勝負の時期

名人戦は挑戦するまでに時間のかかるタイトル戦です。

プロ棋士は、A級、B級1組、B級2組、C級1組、C級2組、

のそれぞれのクラスに在籍し、「順位戦」という総当たりの「リーグ戦」を戦います。

それぞれのクラスで成績上位になれば、上のクラスに上がり、

反対に成績が芳(かんば)しくない場合には、下のクラスに下がることになりますが、

この昇級、降級には、勝負の世界の厳しさが垣間見えます。

まず新人棋士は、まずC級2組からスタートすることになりますが、

この順位戦の昇級には飛び級はなく、またA級の優勝者だけに「名人」への挑戦権があります。

そのため最も早くて名人に挑戦できるのは5年かかることになり、

簡単に挑戦権を獲得できるものではない、という名人位のタイトルの重みがあると言えます。

また名人と挑戦者は七番勝負で、タイトルを賭けた戦いを行うことになりますが、

例年4月~7月にかけてその七番勝負が行われます。

スポンサードリンク

図解で説明!竜王戦の仕組みと七番勝負の時期

名人戦以外のタイトルは、全棋士が参加でき、

しかも予選から全て勝ち上がれば、取れる可能性のあるタイトルで、

若いうちから取れる可能性のあるタイトルになります。

ちなみに竜王戦は、賞金額が最高金額であることで有名です。

その竜王戦には、全棋士(ここでは男性のプロ棋士を指します)の他に、

女流棋士4名、奨励会員1名、アマチュア5名が参加して行われます。

こちらは名人戦と違い、挑戦権を獲得するまでの勝負は、

「全てトーナメント戦」になります。

そのトーナメント戦は、まずランキング1組~6組まであり、

それぞれのランキング戦を勝ち上がった棋士が、決勝トーナメントに進出しますが、

ランキング1組からは5名、

ランキング2組からは2名、

ランキング3組~6組からは、それぞれ1名が、決勝トーナメントに進出できます。

決勝トーナメントの決勝戦は三番勝負が行われ、その三番勝負の勝者が、

「竜王」タイトルへの挑戦権を獲得することになります。

また竜王のタイトル保持者と挑戦者は、

例年10月~12月にかけて七番勝負で決着をつけることになります。