七五三のお祝いはいつ渡す?金額の相場やのし袋は?面白ネタも

七五三といえば、やはり俳句ですが、(それは五七五。何が「やはり」やねん。)親せきや義理の家族の七五三のお祝いをする場合には、その金額の相場はいくらぐらいなのでしょうか?またいつぐらいにお祝いを渡せば良いのでしょうか?ここではのし袋の選び方や書き方と共に、七五三のお祝い金についてご紹介します。

七五三はいつからいつまで?仏滅は控えるべき?数え年は+2歳?

お子さまが七五三を迎える場合、日付はいつからいつまでに七五三のお参りを行えば良いのでしょうか?また現在の満年齢で行う場合と、古くからの数え年で行う場合がありますが、数え年が+2歳になることもあります。ここでは七五三の日付や仏滅などのお日柄、また数え年が+2歳になる場合などをご紹介します。

中秋の名月 秋の月見が良いとされた理由とかぐや姫の意外な危機

中秋の名月は旧暦の8月15日で、今の暦では9月~10月の名月になりますが、月見が秋とされたのはなぜなのでしょうか?また旧暦の8月15日は、竹取物語ではかぐや姫が月に帰った日でもありますが、かぐや姫は意外なピンチに見舞われています。ここでは秋の月見が良いとされた理由と、かぐや姫の意外な危機について見ていきます。

ヒアリ対策に殺虫剤は逆効果?在来アリの抵抗力とヒアリ警察さん

ヒアリが日本各地で発見されていますが、専門家によるとむやみに殺虫剤を撒くことは控えた方が良いと指摘されています。そこにはどんな理由があるのでしょうか?またツイッターでは「ヒアリ警察」というアカウントがあります。ここではヒアリ対策の殺虫剤とヒアリ警察さんをご紹介します。

お彼岸のぼたもちとおはぎの由来と名前の違い~笑えるネタも

お彼岸にはぼたもちやおはぎを供えますが、何故ぼたもちやおはぎを供えるようになったのでしょうか?またぼたもちとおはぎの違いも気になるところで、名称の違いは花に由来するとも言われています。ここではお彼岸にぼたもちやおはぎを供えるようになった由来と、名称の由来となった花の写真と共に、ぼたもちとおはぎの違いをご説明します。

大分でヒアリ発見 死に至る危険も 見つけた場合や刺された場合には

国内でヒアリが発見されたことが話題になっていますが、大分県でも発見されたという報道があります。刺されるとヤケドのような激しい痛みがあり、時には死に至ることもあるアリと言われています。ここではヒアリの危険性と、見つけた場合や刺された場合の対処法をご紹介します。

2018年の春分の日はいつ?その決め方と彼岸・星座との関係

「暑さ寒さも彼岸まで」と言われますが、春分の日はお彼岸の期間とも関係があります。では春分の日はいつなのでしょうか?また春分の日は変動することがあります。そこにはどんな決め方があるのでしょうか?ここでは春分の日に焦点をあてて、星座との関係についてもご紹介します。