七五三はいつ?その日付の由来と3歳5歳7歳でお参りする理由

日本ではお子さまの成長を祝う七五三がありますが、

その七五三が行われる日付の由来はご存知でしょうか。

また七五三ではなぜ3歳、5歳、7歳でお参りをするのでしょうか?

そこには昔は子供の死亡率が高かったという切ない事情がありました。

ここでは七五三の日付の由来と、3歳、5歳、7歳でお参りする理由などをご紹介します。

スポンサードリンク

七五三はいつ?七五三の日付の由来とは


(出典「イラストAC」)

七五三は現在では11月15日に行われますが、

古くは11月の吉日に行われていただけで、15日と決まっていたわけではありませんでした。

七五三の日付が11月15日になった由来としてはいくつかの説があります。

旧暦の風習に由来する説

旧暦では月の満ち欠けを月のはじめの基準としていましたが、

そのため毎月15日前後には満月となり、

11月15日には神様に収穫の感謝を捧げる風習があったとされていて、

その日に子供の成長を神様に感謝すると同時に、

今後の成長を願う日になったと言われています。

徳川家の行った儀式の日付が武家や庶民に伝わったという説

これには二つの説があり、

3代将軍家光とする説と5代将軍綱吉とする説があります。

 ①3代将軍・家光とする説

 徳川家光には体の弱かった息子の徳松(後の5代将軍・綱吉)がいました。

 その徳松の七五三の儀式である、5歳の袴着の儀式を盛大に行いましたが、

 それが二十七宿(その日の吉凶を占うもの)の吉日とされる

 鬼宿日(きしゅくにち)の11月15日だったことから、

 この日が七五三の日になったと言われています。

 ②5代将軍・綱吉とする説

 次は5代将軍の綱吉になりますが、この綱吉にも徳松という息子がいて、

 この徳松の七五三の儀式である、3歳の髪置きの儀式を行いその祝いに神社を参詣しました。

 またこちらもその日付が鬼宿日の11月15日に行われたことから、

 この日が七五三の日になったと言われています。

(二十七宿では11月15日は毎年鬼宿日になり、

 婚礼以外では万事に吉日とされていた日になります。)

昔は現在と違って子供の死亡率が高く、

5代将軍の息子・徳松も、数え5歳で亡くなったと伝えられています。

現在の私たちに比べると、昔の人たちの七五三に対する想いは強かったことが想像されます。

スポンサードリンク

七五三 3歳、5歳、7歳でお参りする理由


(出典「イラストAC」)

現在では通常は、お子さまがすくすく成長することが当たり前の時代ですが、

先ほども触れたことになりますが、昔は医療水準が低かったために子供の死亡率も高く、

そのため「7歳までは神の内」と言われていました。

聞いた話によるとその考えは、子供の死亡率が高かったために、

子供に情を移さないため、という理由もあったと記憶しています。

情が移ると産まれた子供が亡くなった場合に辛くなるから、

本当は愛情を込めて育てたいところを、昔の人たちは我慢していたのかもしれません。

そうした理由で7歳までは、子供を戸籍にのせることはなかったと伝えられています。

また現在の私たちも縁起を担ぐことがありますが、

中国の古い考えである「陰陽説」では、

奇数を陽数として、おめでたい数字だと考えられていたようです。

現在でも3月3日の桃の節句や5月5日の端午の節句が行われますが、

これらの節句もそうした昔の考えによって始められたと言われています。

その縁起の良い数字である奇数の3歳、5歳、7歳に、

七五三のお参りをするようになったと伝えられています。

現代のように科学が発達していなかった時代には、

昔の人たちがこうした数字にもすがりたくなる気持ちはよく分かりますが、

子供に無事に育って欲しいという願いは、

現代の私たちに比べて、昔の人たちはとても強烈なものがあったのかもしれません。

七五三で行われていた男の子・女の子の儀式について

先ほど「袴着の儀式」や「髪置きの儀式」をご紹介しましたが、

男の子は3歳と5歳に、女の子は3歳と7歳に七五三の儀式があり、それぞれの名称があります。

・3歳の儀式(男女共通)=髪置きの儀式

髪置きの儀式は、髪を伸ばし始める儀式のことで、

昔の人たちは男の子も女の子も、3歳になるまでは髪をそって坊主頭にしていたと言われています。

女の子まで?という点は少し驚きですが、

当時の人たちは、幼い頃には髪をそっておくことで、

健康な髪の毛が生えてくると信じられていたようで、

そのために昔の人たちは。子供が3歳になるまではずっと髪をそり続けていました。

3歳になればもう赤ん坊ではないということで、

髪をそり続けることを卒業し、髪を伸ばし始めることが髪置きの儀式になります。

・5歳の男の子の儀式=袴着の儀式

その名の通り、袴を着る儀式で、

男の子は5歳になってはじめて大人と同様に袴をはくことになります。

平安時代など古い時代には、男女ともに行われていたようで、

この儀式を終えると男女で別々の衣服を身に着けていましたが、

江戸時代から5歳の男の子の儀式として定着したと言われています。

・7歳の女の子の儀式=帯解きの儀式

これは子供の衣装を変える儀式で、

昔は子供が小さい時には、ひも付きの着物を着せていましたが、

この帯解きの儀式を境に、着物に帯を締めて着るようになる儀式で、

こちらも以前は男女ともに行われていた儀式でしたが、

江戸時代からは5歳の男の子の袴着の儀式に対して、女の子だけの儀式として定着したと言われています。

終わりに

七五三は元々は、平安時代には公家の間で行われた儀式でしたが、

それが武家の間に広まり庶民も行うようになり、

現在まで続く子供の成長を祝う行事になっています。

現代を生きる私たちにも、どこかでゲンを担ぐ程度のことはありますが、

科学が発達していなかった昔には、理由の分からない病気などを防ごうと、

数字にさえもすがりたい気持ちが昔の人たちにはあったのかもしれません。

お子さまのいらっしゃる方であれば痛いほど分かるかと思いますが、

七五三ではお子さまとの楽しい思い出を作っていただければと思います。

スポンサードリンク

良かったらこちらを